チャンピックスで禁煙できない原因

高い禁煙効果で禁煙外来でも処方されている評判の高いチャンピックスですが、このチャンピックスを使用しても禁煙に失敗してしまう人の原因について調査しました。禁煙に失敗してしまった人、禁煙に自信のない人はまず当サイトをご覧下さい。

田中一正教授がチャンピックスで禁煙成功者に導く

肺の病気である、慢性閉塞性肺疾患と呼ばれるCOPDは、階段の上り下りなどを体を動かした時に息切れがしたり、風邪でもないのに咳や痰が続いたりするという症状があり、症状が進むと、少し動いただけでも息切れがして日常生活を送ることにも困難さが出てくる病気です。さらに進行すると呼吸不全や心不全を起こし、命にかかわる病気なので、早期発見と早期治療が重要です。治療としては、まず、禁煙を行います。そして薬を投与したり、呼吸リハビリテーションなどを行うことになりますが、最初に禁煙をすることが病気を治すカギでもあります。また、まだ、自覚症状が少ない方も、禁煙をすることで、将来的なCOPDのリスクを減らすことができるので、近年療法は大切です。
とは言っても、長い喫煙習慣があるひとにとっては、禁煙をすることは、大変努力が必要で、失敗することも多い難しいことです。COPDは、喫煙を続ける限り悪くなるので、禁煙外来で治療を受けることも、選択肢の一つとして考えることがおすすめです。大学で、禁煙指導を専門に行っている、田中一正先生は、チャンピックスを使って禁煙する方法を用いて、禁煙成功者を増やしている専門家です。田中一正先生は、禁煙外来に継続して通いながら、チャンピックスを服用することが成功者になる秘訣と語っています。田中一正先生によると、チャンピックスは、禁煙のための飲み薬で、脳に働きかけて、いらいらするニコチン切れの症状を軽くすると同時に、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔して、満足感を感じにくくすることにより、禁煙を助ける働きがあるということです。チャンピックスを飲み始めてから、一週間後が、禁煙予定日になります。自然にタバコを吸わなくなった場合は、8日目を待たずに禁煙することができます。その後、計12週間、チャンピックスの服用を続けることで、禁煙成功者になることができます。